町田・相模原の経営をリードする 町田・相模原経済同友会 Machida-Sagamihara Association of Corporate Executives

事業案内・報告

事業報告

2006年事業報告

◇第2回例会(2006年11月24日開催)
“日本の未来に向けて教育提言!”

第2回例会の様子

第2回例会は、11月24日、山田雄三町田市教育長をお招きし開催した。教育現場の現状や国際的な競争に打ち勝つ能力を育む教育を中心に、基本的なしつけやモラルついて議論した。それに対し、教育政策の見直しは勿論の事“我々大人が襟元正さなければならない”と付け加えられた。

UP

◇第1回例会(2006年10月16日開催)
「よりよい町田を目指し」熱論交わす!

第1回例会の様子

記念すべき第1回例会が、10月16日石阪丈一市長をお招きし、メンバーら30人が集まり開催された。地域に根付く経済人として、町田市の政策立案者など行政の視点だけでは気付きづらい問題点や矛盾点を提言すると共に、お互いの意思疎通と社会的責務を果たし、都市間競争に勝てる街、住んでよかったと思える街を目指してゆこうと、町田市の現状と今後について熱い意見を交わした。

UP

◇発足式(2006年7月19日開催)
英知と活力の結集「誰もが住みよい町田市」を目指し ひとつ・一つの志が連なり“輪(和)”へと昇華!!

7月19日、(株)ケーユーホールディングスの井上恵博社長を代表幹事とする正副幹事や山之口久人専務理事を始め、町田市を中心とする企業経営者21名が集い、発足式が盛大に開催された。井上代表幹事からは「民主主義における経済社会の主体は経営者であるという自覚と連帯の下、高い理想と使命感、責任性のもと、活動成果を広く社会に訴えていく」と話し、微力であるが、努力を怠る事無く、地域社会に貢献していくと熱を込めた。続いて小島邦夫(社)経済同友会副代表幹事・専務理事(日本証券金融会長)から、「志の高い経営者が集まり襟を正して議論を重ねる事は意義ある事」、石阪丈一町田市長は「斬新なアイディアや政策提言に期待」、黒木一文市議会議長は「町田市の経済、政治、生活、文化の牽引役に」と、それぞれに激励と期待を寄せて頂き、平本勝哉商工会議所会頭の挨拶並びに乾杯の音頭で発会を祝った。懇談会の中では、伊藤公介衆議院議員、保坂三蔵参議院議員、寺田和雄前市長からも祝辞を頂いた。

発足式の様子発足式の様子

UP

◇設立趣旨説明会(2006年4月20日開催)
設立に向けて“志を紡ぐ!!”

設立趣旨説明会の様子

「社会(公)の為」に利害関係を超えて力をあわせ、積極的に自らが行動していこう。そんな熱い志の25名が集い、4月20日市民ホールに於いて設立趣旨説明会が開催された。「経営者がお互いに連携し企業研鑽すると共に、社会的責任の自覚を持つ。そして行政に対して先見性のある意見を提言する事が大きな目標。また将来を見据えた町田市の歩むべき道と、課題を見出し若い人達が町田市で起業しようという環境を創る事も役目の一つであり、市民と共に歩み、少しでも恩返しする事が大切」と熱意の一端も付け加えた。

UP

◇「東京町田経済同友会」設立に着手(2006年2月3日)
“日本人の心を重んじ地域貢献に尽力”いよいよ胎動!!

記者会見の様子

2月3日、町田市民ホールにおいて記者会見を開催。『進歩的な企業経営者及び経済団体役員等の個人を会員として、会員は国民的経済全体の立場から発言、提言し、日本経済の進歩と安定に寄与する事を目指し、政治的には無色とする』を理念とし、大局的な立場から地域貢献に尽力すると発表。あわせて、「日本国民が古来有してきた友情や誇り、上下の信頼など“日本人の心”をこの地域から発信していきたい。またその為に何をすべきかを更に勉強していく」と決意も語った。

UP

町田・相模原経済同友会 事務局

〒194-0022
東京都町田市森野1-25-17
ワールドウィング内2F

TEL/FAX:042-726-3577