第113回例会(2020年7月9日開催)

「アフターコロナ禍の経済・金融動向を読む」

講師:野村證券株式会社 投資情報部長 西澤 隆氏

2020年7月9日(木)、約5か月振りの例会がホテルラポール千寿閣で開催されました。

コロナ禍初の例会ということもあり、入場前の検温や手指消毒、ソーシャルディスタンスを確保した座席配置、換気など充分な感染防止対策がなされました。講師の野村證券投資情報部長・西澤隆氏もフェイスシールドを着用しての登壇。まず、今年3月頃からの主要先進国の中央銀行で実施された金融緩和策の詳細や、金融市場の数値、パンデミック発生後の実質GDPの推移等々、詳細なデータを用いながら日本を含む世界経済の現状を分かりやすく解説されたあと、今後の予測を専門家の視点で展開されました。講演後の懇親会も通常の立食スタイルではなく、ゆったりと配置されたテーブルでの個別配膳スタイルで実施。細かいところまで感染防止を意識した初めてのウィズコロナ例会は、久し振りの開催だったこともあり、和やかな雰囲気の中にも活発な意見交換が行われていました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。